宅配とタク配 その違いわかりますか?

宅配はクロネコヤマトで代表される比較的小さな荷物を荷主の戸口から届け先の戸口までの迅速な配達を特徴とするサービスです。更に送料も比較的安いです。
コロナ禍の今、特にベットボトルの飲料のような重い、かさばる食糧品の購入には欠かせないサービスです。

タク配はコロナ禍を契機として生まれたサービスです。タク配はテイクアウト料理をタクシーが配達するサービスです。タク配の料金は各社の判断で自由に設定できます。そのため、東京23区の配送料はメーター運賃に準じた3300円前後です。地方都市ではメーター運賃より安く設定するケースが多いそうです。送料が高いので、フルーツをぜいたくに使ったショートケーキ(価格は1人分1ピースで3000円超。店舗の中心客単価は1万円前後と高額)の配達にタク配は使われています。

ですから、宅配とタク配は似て非なるサービスです。

コメントを残す